Koita16

MotoGP備忘録

【SBK2020】ホンダの新型CBR1000RR-Rのカラーリング

18年ぶりにスーパーバイク世界選手権にファクトリー参戦する、ホンダCBR1000RR-Rのカラーリングが公開されました。

 

Team HRCの編成は、

アルバロ・バウティスタ選手

レオン・ハスラム選手

 

MIE Racingの編成は、

高橋巧選手

ジョルディ・トーレス選手

です。

 

↓チームローンチはこちら

https://youtu.be/JVYVV1xZ3Js

 

【ギャラリー】

 

(HRCファクトリー)

https://www.instagram.com/p/B80y4YNoxFL/?igshid=1otwjzk2e81yc

 

(バウティスタ選手)

https://www.instagram.com/p/B80xBh3K50Z/?igshid=elubjant3ycq

 

(ハスラム選手)

https://twitter.com/realleonhaslam/status/1230782096983175168

 

(MIEレーシング)

https://www.instagram.com/p/B81JvCjB_2E/?igshid=16jkt80imprxe

 

(著作権だのなんだのよくわからんので引用させて頂きました。直接貼れなくてすみません…) 

 

【感想】

レプリカ作りやすそうで良い!(笑)

 

ホンダと言えばレッドブルのスポンサーがデカデカと入ってるイメージ(↓こんな感じ)

f:id:Koita16:20200221230017j:image

でしたが、今回のSBKマシンにはそれらしいスポンサー名がないので、完全にホンダファクトリーという事が分かりますね。

 

カラーリングはトリコロールで、青色の発色が鮮やかな青になっている以外は市販のCBR1000RR-Rと変わりありません。

 

他に見た感じでの市販からの変更点はホイールとスイングアームですね。今までHRCJSBクラスで使っていた物と恐らく同じ、OZの6本スポークが奢られてます。

 

カウルのスリットやCBR1000RR-Rの特徴であるウイングなどは市販と同じように見えます。

 

マフラーについてですが、JSB8耐で使っていたエンデュランスさんのマフラーが好きだったのですが、やっぱアクラポがついてました。エンデュランスさんの音に惚れてホンダ推しになったんで少し悔しい…

 

MIE Racingはラメのようなキラキラが入ったブラックですね。まあ嫌いではないですが、無骨なマットブラックの方が軽量化になりますしそっちのが好みですね。ツナギのデザイン早く見たいです。

 

【まとめ】

SBK8耐でボロ負けしてきたホンダが本気を出して来ましたね。RC213Vと同じビッグボアエンジンの音のハリや迫力を早くJSB8耐で体感したい所です。